話しかけるのにベストな女性の特徴

話を聞いてもらうため

歩いている女を追いかけても、話を聞いてくれません。
ずっと追いかけていると、時間の無駄です。
奥野高徳さんは、基本的に立ち止まっている女性にしか声を掛けません。
女性をうまくスカウトするためには、時間を無駄に使わないでください。
良い女性がいても、歩いていたら諦めましょう。
立ち止まっている女性の中から、お店に合う人を選択してください。

信号待ちをしている女性などが良いですね。
また、お店や駅の前は立ち止まっている女性が多いです。
なるべくそのようなところに行って、スカウトをしましょう。
立ち止まっている女性が少ない道でスカウトをしようと思っても、成功しません。
時間の無駄になるだけなので、早く場所を変えましょう。

潔く諦めることも大切

何度か女性に断られたら、あまりしつこく勧誘しないでください。
説得しても、女性の気が変わることはないでしょう。
それよりも諦めて、別の女性をスカウトした方が時間を有効に使えます。
奥野高徳さんは、3回断られたら別あきた方が良いと言っています。
1回や2回なら、まだチャンスがあるかもしれません。
しかしハッキリと嫌だという意思をつけられたら、そこで勧誘は終わりにしてください。

何度もしつこく勧誘していると、警察を呼ばれてしまうかもしれません。
大きな問題になるので、時には諦めることも重要だと理解しましょう。
女性のタイプを見極めることができて、丁寧な言葉遣いを意識していたら、そう何度も断られることは少なくなります。