スカウトで気を付けること

身分を明かす

キャバクラ譲をスカウトするときには必ず「風俗店のスカウトである」ことを明かしましょう。
後から風俗店のスカウトだと明かすと、不信感が芽生えますし、相手が風俗店に興味のない女性だった場合、お互いにとって時間の無駄になってしまいます。
最初に「風俗店のスカウトである」ことを明かして、話を聞いてくれる女性であれば、実際に働いてくれる可能性はあるでしょう。
女性に断られても、しつこく勧誘することは絶対に避けましょう。
風俗店に興味のない人は、本当に1ミリも興味がないのです。
しつこく誘ったところで、スカウトに応じてくれる可能性はほとんどありません。
逆に起こらせてしまう危険性の方が高いです。
次にスカウトする女性を探した方が建設的でしょう。

褒め方

女性に声をかける向きも重要です。
後ろから声をかけてはいけません。
正面から声をかけるのも避けましょう。
できるだけ、横から声をかけるのが正解です。
また、スカウトするときには、とにかく「女性をほめる」ことを心がけましょう。
奥野高徳氏は、女性の外見をほめることを大切にしていたといいます。
重要なのは「褒めすぎない」こと。
「明らかにお世辞で言っているな」と分かるような褒め方は、逆効果になりかねません。
あくまで自然に、自分の感じたままに褒めましょう。
「髪がキレイ」や「脚が長い」など、いくらでも褒めるところがあるはずです。
ですので、キャバクラ譲のスカウトマンは、人の良いところを見つけるのが上手い人ほど向いているかもしれません。