スカウト行為の成功は奥野式を学べ

テンションと信頼関係

人間誰しもが、気分やモチベーションの上がり下がりはあります。
奥野さんは、そこをうまくコントロールする習慣をもっています。
出社前の朝食と軽運動を毎日の日課に取り入れています。
スカウトやセールスの現場では、相手を乗せて、決心する一連の行為へ結びつけるためにも、相手と接し方にムラがあっては、成功する商談もうまくいきません。
また奥野さんは信頼関係の構築に、ひと際重要性を見い出しています。
奥野さんによると「本気で真正面から向き合うことを心がけている」とのことです。
相手の状況に寄り添い、時には厳しい現実もストレートに助言することもあるそうです。
こういう姿勢は、スカウトマン以外の職種でも必要ですし、人として信頼されることにも繋がっていきます。

表情や話題

「どんな時でも、つねにアンテナを張る」、「共通の話題を見つける」、「相手に親身になる」。
奥野さんの「成功の秘訣」には、このようなものがあります。
アンテナを張ることで豊富な知識を得ることにつながり、その知識は会話の時の話題に花を添えます。
また、相手との共通点は、話題を盛り上げ相手の懐に入りやすくなるものです。
さらに、ジェスチャーや表情も会話の中では重要です。
腕を組んだまま微動だにしなかったり、表情が固まったままだったりすると、相手は気持ちよく話せず、会話は弾まないでしょう。
そして、奥野さんは言葉のキャッチボールも意識し、よく聞き、よく質問し、よく反応することを巧みに実践し、より良い会話の雰囲気づくりにも長けています。