効率的にスカウトする

時間を節約する

風俗店のスカウトは失敗する前提で行いましょう。
スカウトマンとして有名な奥野高徳氏は、とにかくたくさんの女性に声をかけることを心がけていたそうです。
初めて会った男性にスカウトされて、風俗店で働こうという女性はなかなかいません。
まず初対面の男性を警戒するのが通常の反応です。
ですので、スカウトで初めに行うのは「身分を明らかにすること」です。
「風俗店のスカウトである」ことをしっかり伝えましょう。
とにかくたくさんの女性に話しかけることが重要ですから、時間を無駄にしている暇はありません。
風俗に興味のない女性と営業の話をしても、時間の無駄ですし、女性にとっても迷惑でしかありません。
スカウトのコツは、使うべきところに時間を使うことです。

効率的を重視する

必要のない時間を削り、必要なところに時間を割くのが、スカウトの際に重要です。
風俗に興味のない女性や、話を聞いてくれそうにない女性に話しかけようとすることは出来るだけ避けなければなりません。
興味のない女性に話しかけることは、スカウト側にとっても女性側にとっても、益のないことです。
奥野高徳氏は「立ち止まっている女性」をターゲットに、声をかけていたそうです。
歩いている人を呼び止めて、話を聞いてもらって、スカウトすることは非常に困難です。
相手は急いでいるかもしれません。
歩いているということは、少なくとも行く場所があるのですから、話を聞いてもらえない危険性の方が高いのです。
そのため、立ち止まっている女性に話しかけた方が効率的です。